屋根塗装のイロハ教えます

このサイトでは屋根塗装をするときに押さえておくべきポイント、基本から応用までまるごと紹介してます。
見積もりと取るときのチェックすべきこと、優良業者の見分け方に訪問販売の塗装業者について、塗装を依頼するときに最適な時期も知っておくと失敗しなくてすみます。
どこに頼んでも同じように感じますが、実は業者によって金額などに差があって、時期についても適したころがあります。
なるべく費用を抑えたいときにも後からトラブルを防ぐためにも重要です。

屋根塗装はコレを押さえとけ!基本から応用までまるっと紹介

屋根塗装はコレを押さえとけ!基本から応用までまるっと紹介 屋根塗装を業者へ依頼するときには、基本的に天候が良くて問題なく進めても10日間前後はかかるので、約2週間前後は期間としてみておく必要があります。
雨が降ったり天候が悪いと期間も長引きますが、もし1週間以内で終わるようならその業者は疑った方がいいです。
工程を丁寧にすると最低でも1日間はかかることもあって、悪い業者だと工程を省いたり塗り替えの乾燥期間を短くしたりします。
乾燥をさせないで塗装をするところだと失敗に繋がるため、必ず優良な業者を選んで依頼することが大事です。
屋根塗装の相場は約30坪だと足場代も含めて40~80万円ですが、これも先に相場に関した色々な情報を得てから一社だけでなく複数社から、相見積もりをとって依頼するのがポイントです。

建造物の屋根塗装は住宅の寿命に影響するので必要性はかなりあります

建造物の屋根塗装は住宅の寿命に影響するので必要性はかなりあります 屋根塗装も外壁同様に、定期的に施工をすることが推奨される作業です。
長年にわたってメンテナンスをせずに放置している住宅も少なくはありませんが、屋根塗装は必要性が大きな施工なので少なくても6年程度の間隔で施工会社に依頼をすることがベストです。
必要性については屋根材による違いはありますが、瓦屋根でもスレート屋根もトタン屋根の場合でも新しい状態では表面に塗料が塗られています。
塗料には水はけを良くして撥水性を高められる効果というものがあり、長年手を付けていない住宅では雨水の対策不足に陥ってしまうのではないでしょうか。
いつまでも屋根の上に雨水が残ってしまうことで、小さな隙間から雨漏りの被害に発展することは多く、屋根材の下側の木材や断熱材など天井裏が腐食を起こしてしまうリスクがあります。
よって屋根塗装を定期的に施すことで、大規模な修繕は不要となり、リフォームの経費が大きく掛かってしまうことも無くなります。
古くなった住宅でも屋根塗装は確実に定期的に施工しておくと、家の寿命を長く保てる状態に仕上げられます。
酷い劣化を引き起こしてしまっていては、屋根塗装では修復不能となり、屋根の葺き替えで直す方法しか無くなる可能性も高いことも、定期的なメンテナンスの必要性は感じられるのではないでしょうか。

屋根塗装を良い状態に保つことが家の寿命を長くします

屋根は太陽光からの紫外線や台風、強烈な風雨などからダメージを守ることで住んでいる人の生活を守っています。しかし屋根塗装は年月が経つにつれて剥がれ落ち、定期的に塗り替えをする必要があります。塗装する時期にはタイミングがあり、費用や家全体のリフォームの時に施工しようとしてタイミングを逸すると家全体の寿命を縮めることになります。タイミングを知るには屋根材や屋根塗装がどんな状態かを知っておく必要があり屋根材にはスレートやトタン、瓦などがあり、スレートは15?15年、トタンは20年瓦は40年くらいの寿命があります。寿命がくれば塗装をする必要があり、屋根を全塗装すると高額な費用がかかります。全塗装と同じ時期に家の他の部分のリフォームをするとかなりの費用がかかるため、屋根の定期的に点検が費用を安くします。定期的にメンテナンスで不備のある部位のみを元の新しい状態に戻すことで、一度に広い範囲を加工することなく費用も安い対応ができます。

自宅の屋根塗装を実施するには金属系であれば短期間で済ませられます

持ち家を所有している方にとって、住宅の老朽化は見逃せません。何かしらの不具合を感じた際には、早期に点検や補修、場合によってはリフォームを行う方法で住宅を守ることができます。屋根塗装も住宅を守る上では重要な資材になり、金属製の屋根材であればより一層注意しなければなりません。現状として屋根材に使われる金属素材にはトタンやガルバリウム鋼板を使っていることが多く、どちらも腐食してしまうスピードが遅いことが特徴です。このタイプの屋根材の住宅においては、短くて5年、長くても8年程度の間隔で塗料の塗り無しをする方法で、長持ちをさせることは可能です。定期的なメンテナンスは必要になるものの、他の屋根資材と比較をすると下準備もしやすく、仕上げもしやすい環境にあるので屋根塗装に掛かる経費は大きな負担にならずに済ませられる可能性があります。瓦屋根や他の資材を採用している住宅においては、塗装後にしなければならない作業工程があったり、特殊塗装を必要とすることもあるので、意外と屋根塗装の料金は安く済ませられる範囲ではないでしょうか。

屋根塗装を依頼するには状態を把握することが必要です

戸建て住宅にお住いの方は、屋根塗装を定期的に行っている方が多く、住宅内に雨漏りが起きてしまうことを考えた場合、常に屋根は良好なコンディションを保つことが必要です。屋根塗装を行う前には、自らが状態を確認することで劣化状況を把握できるので、必ずチェックをする方法が効果的です。屋根に上がることができる住宅であれば問題はありませんが、大き目サイズの脚立があれば1階部分の屋根においては初心者でも簡単に上がれます。その後はコンディションを確認することが必須になり、屋根の塗料の艶が無くなっている場合や、完全に塗装が剥離していて屋根材の下地が見えている場合、屋根材の重ね合わせている部分に隙間を確認した際には、早急に屋根塗装を行う必要性があります。屋根の場合は意識的に点検をしないと普段は見えない位置にあることから、大切な住宅を雨漏り被害から守るには自主的な点検は欠かせません。住宅によっては自分では状態を点検できない場合もあり、このケースでは点検から見積もりまでを無料にしている塗装会社に依頼をすることで問題は解消できます。

屋根塗装などの塗装工事はそもそも何故必要なのかについて

屋根塗装の塗装工事は、その名の通り屋根を塗り替える工事の事です。そう考えると屋根塗装は、単なるペンキを塗るだけで見た目の外観を良くするだけが目的だと考える人もいるかもしれません。だけど屋根塗装の塗装工事は、単に外観を良くする以外に重要な目的があります。新築一戸建て住宅は、一年中雨風や太陽の紫外線や、日本独特の湿った空気にさらされます。新築を建てた時の塗装は、長年雨風や強烈な紫外線や湿った空気にさらされる続けると、次第に塗装が剥げたり劣化していき、一般的に10年も経つと塗装が劣化します。塗装は外見を綺麗に見せる目的以外に、もっと大切な雨風や紫外線から建物を保護する目的があり、10年後に何もしなければ雨漏りやひび割れなど構造物や柱にもダメージを与えます。雨漏りやひび割れのダメージを放置してしまうと、建物自体の寿命を縮めたり耐震性を落として地震などの自然災害の被害のリスクを上げます。つまり屋根塗装の最も重要な目的は、建物の寿命を延ばす事です。

もっと屋根塗装を知りたい

埼玉で屋根塗装しよう

新着情報

◎2021/2/12

下地を綺麗に整える作業が重要
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

依頼に最適な時期
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

訪問販売の業者は大丈夫?
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「塗装 寿命」
に関連するツイート
Twitter